「やらなきゃ」よりも「やりたい」モチベーションで行動したい

やりたいことだけ頑張りたい

スポーツ

箱根駅伝の金栗四三杯受賞者一覧

更新日:

金栗四三杯ってご存じですか?

15042e3af0a346721fa085c248ef9b10.jpg (400×200)

簡単にいうと金栗四三杯は箱根駅伝の最優秀選手賞です。マラソンの父と言われた金栗四三さんにちなんで2004年から作られました。第一回箱根駅伝開催のために尽力された方とも言われています。

ちょっとネットを調べていたら金栗四三杯の受賞者一覧がわかりにくかったのでこちらにまとめようと思います。

2004年第1回受賞者:鐘ケ江幸治さん(筑波大)五区

20131129-252230-1-N 

日本学連選抜という箱根駅伝に出場ができなかった大学で作られたチームで受賞しています。

2005~2007年第2,3,4回受賞者:今井正人さん(順天堂大学)五区

img_2

初代山の神として君臨した今井正人さんが三年連続で受賞しています。ちなみに今井正人さんの活躍で順天堂大学も2006年は往路優勝、2007年は往路優勝と総合優勝をしています。

2007年第4回受賞者:佐藤悠基さん(東海大)一区

20110609114051

佐藤悠基さんは中学の時から現在の実業団の時代までずっとトップレベルの成績を残している選手です。2007年の一区では区間新記録を樹立し、2位以下を4分引き離すという偉業を成し遂げました。

2008年第5回受賞者:篠藤淳さん(中央学院大学)9区

24

初の復路からの受賞となりました。篠藤さんの活躍で中央学院大学は過去最高の3位という成績を残しました。

2009~2010年第6、7回受賞者:柏原竜二さん(東洋大)五区

ダウンロード

山の神として有名な柏原竜二さんです。柏原竜二さんが走った時はすべて東洋大は往路優勝を成し遂げています。

2011年第8回受賞者:村澤明伸さん(東海大)二区

20100102-02-12

村澤明伸さんはタスキを受け取った時は最下位。そこから17人抜きを達成し、3位まで東海大の順位を押し上げました。

2012年第9回受賞者:柏原竜二さん(東洋大)五区

上記に表記しているので割愛します。

2013年第10回受賞者:服部翔大さん(日体大)五区

201301030001-spnavi_2013010300001_view

日体大30年ぶりの総合優勝に大きく貢献しました。18mもの風が吹く中の力強い走りで二位以下を引き離しました。

2014年第11回受賞者:大津顕杜さん(東洋大)十区

ダウンロード (1)

アンカーとしての受賞。東洋大は完全優勝を成し遂げています。

2015年第12回受賞者:神野大地さん(青山学院大)五区

176fc2f1

青山学院大学の初めての往路優勝、総合優勝に貢献しました。二位以下に五分の差をつけたことが青山学院大学優勝を決定づけた最大の要員でしょう。

2016年第13回受賞者:久保田和真さん(青山学院大学)一区

%e4%b9%85%e4%bf%9d%e7%94%b0%e5%92%8c%e7%9c%9f

39年ぶりの全区間首位優勝の礎となったので受賞となりました。2016年、青山学院大学は2連覇を成し遂げています。

2017年第14回受賞者:秋山清仁さん(日本体育大学)六区

2017年唯一の区間新記録をとった秋山さんが受賞しました。

日体大では二人目の受賞者です。

2018年第15回受賞者:林奎介さん(青山学院大学)7区

7区で区間新記録を打ち立てた林選手が受賞。

青山学院大学は4連覇を成し遂げています。

まとめ

やはり勝負どころの五区での受賞が多いですね。今年の箱根駅伝もたくさんのドラマがありました。来年も楽しみです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-スポーツ

Copyright© やりたいことだけ頑張りたい , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.